お婆ちゃんの知恵袋を生かした生活

先人が残してくれた知恵の事を「お婆ちゃんの知恵袋」などと言ったりします。

先人たちは生活で得た知恵を後世に残し、私達はそれらを生活に生かし、次の世代へと伝え続けています。

例えば、お婆ちゃん直伝のレシピをお持ちの方は、結構多いのではないでしょうか。

それらレシピには、コトコト時間をかけて煮る、なんて記載があるかもしれません。

煮物などはじっくり時間をかけて煮ることで、具材に味を滲み込ませていましたが、近年は圧力釜や電子レンジを使うことで大幅に時間短縮ができます。

時代に合わせて、受け継いだレシピも少しずつ変化しています。

また、寒い冬に風呂を出た時には「湯冷めするから早く服を着なさい」とよく祖母に言われたものです。

最近は暖房が完備され、住居の気密性も著しく向上していますので、それほど湯冷めの心配も要らなくなっています。

しかし、お婆ちゃんの知恵や言葉は、どれを聞いても次世代に対する愛情が表れています。

大先輩たちの優しさをありがたく頂戴し、それら知恵、愛情、思いやりを参考に、現代の実情に照らし合わせ、取り入れて生活していきたいですね。